人気ブログランキング |

食事のチカラ

2014年 02月 28日 ( 2 )




心当たりのある方はぜひ受診を。。。

こんにちは!!管理栄養士の山下です♪

お客様宅への訪問などで外出することが多々ありますが、少しずつ日中の温かさを感じられるようになってきました!春の到来ですね~!!

これから花粉などが気になる方も多いと思います!

ところで、「睡眠時無呼吸症候群」ってご存知ですか!?

耳にしたことがある方も多いことと思いますが、一体どのような病気なのでしょうか?

「睡眠時無呼吸症候群」は、眠っている間に呼吸が止まる病気です。

医学的には、10秒以上の気流停止(気道の空気の流れが止まった状態)を“無呼吸”とし、“無呼吸”が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸です。

主に、いびきや昼間の眠気・熟睡感がない・起床時の頭痛などの症状があります。

「睡眠時無呼吸症候群」は生活習慣病(高血圧・心疾患・脳梗塞・糖尿病など)と密接に関係しており、放置すると生命の危険に及ぶこともあります!

○睡眠時無呼吸症候群と高血圧

どうして睡眠中の無呼吸状態が、なぜ血圧を上昇させるのでしょうか?
無呼吸状態から呼吸が再開するとき、身体は寝ている状態でも脳は起きた状態になります。
同時に、睡眠が一時中断状態になり、交感神経が亢進することで血圧が上昇します。

○睡眠時無呼吸症候群と心疾患

睡眠時無呼吸症候群が重症になるほど、動脈硬化が進行します。
血管を詰まらせる原因の一つになる血栓の産生や冠動脈のけいれんにも睡眠時無呼吸症候群が関与しています。

○睡眠時無呼吸症候群と脳梗塞

睡眠時無呼吸症候群は脳梗塞・脳出血などのリスクを高めるばかりでなく、その予後の機能回復にも悪影響を及ぼします。

○睡眠時無呼吸症候群と糖尿病

睡眠時無呼吸症候群でみられる「間欠的低酸素血症(低酸素状態と正常な酸素状態が交互に繰り返される現象)」と無呼吸状態から呼吸が再開する時の「覚醒反応(脳が覚醒した状態)」が糖代謝の異常と関連すると推測されています。

早期に適切な治療をすることが大切です!心当たりのある方は、ぜひ耳鼻科への受診を。。。



by oshimafood | 2014-02-28 16:58 | 商品・サービス

疲れた時にはぜひ!!

疲れた時にはぜひ!!_c0195011_1458944.jpg


    ~今日の夕食~

     カレイのから揚げ     
     切り干し大根の煮物
     キャベツのごま和え
     トマトのしそ風味サラダ
     たたきごぼう

メイン「カレイのから揚げ」の添えに使用した“アスパラガス”ですが、野菜としては豊富なたんぱく質を含んでおり、特にアミノ酸の一種の『アスパラギン酸』が多く含まれています!

この『アスパラギン酸』は、疲労回復効果が高く、疲れた時にはぜひ“アスパラガス”を食べて乗り越えてください!

また、ミネラルも豊富で赤血球増加作用のある『コバルト』を多く含み、『鉄』もほどほどに含んでいます。

なので、“アスパラガス”は貧血に良い食材といえます。

さらに、貧血に良いとされるビタミンの一種の『葉酸』も含んでいるので、“アスパラガス”は貧血にはもってこいの野菜といえます!


         管理栄養士  山下



by oshimafood | 2014-02-28 15:26 | 商品・サービス

オフィシャルサイト

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧