人気ブログランキング | 話題のタグを見る

食事のチカラ

熱中症予防と食事

こんにちは。管理栄養士の辻井です。
GWも終わり、半そでで過ごせる日も多くなってきました。今の季節アウトドアや屋外でのイベントに参加される方も多いのではないでしょうか?これからの季節に気を付けたいのが熱中症です。今回は熱中症を予防する食事についてお話したいと思います。

熱中症とは…
高温多湿な環境に長くいることで、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態をいいます。屋外だけでなく、室内で何もしていなくても発症する場合もあります。
主な症状
めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、頭痛、嘔吐、倦怠感など
重症の場合はけいれんや意識消失などがみられる場合があります。

食事での熱中症予防対策
汗をたくさんかくことで、体内から塩分と一緒にカリウムも失われます。また水溶性ビタミンも汗や尿と一緒に流れてしまいやすいので暑い夏には意識して取り入れてみましょう。

●カリウム
主にナトリウムとともに細胞の浸透圧を調節する大事な役割を担っており、体内の余分な塩分を対外に出す働きを持っています。
カリウムを多く含む食材
海藻、果実類、野菜類、イモ類、豆類、魚類、肉類など

●ビタミンB1
ビタミンB群は主に体内に取り込んだ蛋白質、脂質、炭水化物をエネルギー源に変えるための代謝を助けてくれます。ビタミンB群の中でも特にビタミンB1は糖質をエネルギーに変える代謝をするので、疲労回復に効果が期待できます。
ビタミンB1を多く含む食材
豚肉、大豆、モロヘイヤ、玄米、きのこ類など

●ビタミンC
抗酸化作用があり、細胞の状態を正常に保ってくれます。
欠乏すると倦怠感や疲労感などがみられます。
ビタミンCを多く含む食材
赤・黄ピーマン、じゃが芋、キウイフルーツ、レモン、さつま芋など

●クエン酸
梅干しやレモンなどの酸味の主成分です。クエン酸は疲労回復に効果的です。また脱水症状を改善するミネラルの吸収をサポートする働きも担っているためおすすめです。
クエン酸を多く含む食材
梅干し、レモン、ゆず、オレンジ、酢など

上記以外にも普段からバランスの取れた食事をして、こまめな水分補給や体温調節、疲れを溜めないように心がけましょう。
夏はまだまだこれからです。みなさまも熱中症にはお気をつけください。





by oshimafood | 2022-05-16 13:43
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オフィシャルサイト

最新の記事

夏野菜を食べよう
at 2022-07-05 11:02
脱水予防
at 2022-06-27 13:04
食中毒対策
at 2022-06-20 11:19
良い食べ合わせと気をつけたい..
at 2022-06-13 13:28
梅の効能
at 2022-06-06 14:25

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧