食事のチカラ

2月といえば、、、

こんにちは!管理栄養士の山下です♪

もうすぐ1月も終わり、2月に突入ですね。

2月といえば、、、やっぱり『節分』を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか??

『節分』は、もともと各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言い、
「季節を分ける」ことを意味しています。

江戸時代以降からは、『節分』といえば立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が
多く、これは旧暦の新年の始まりに相当する“立春”の前日にあたる節分がもっとも
重要視されたためだと考えられています。

そして、これが現在の『節分』の様々な行事に伝わっています。

「豆まき」「節分いわし」、「恵方巻き」といった行事が有名ですが、それらの由来や
豆知識についてご伝授しようと思います!

 ~~ 豆まき ~~

「鬼は外、福は内」と言いながら豆をまくのが一般的ですが、地域によってはその
掛け声も様々あるようです。(例:新潟県佐渡両津→「福は内、鬼も内」)

豆をまいた後、豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べます。また、“自分の年の数+
1つの豆”
を食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないという習わしがあるところも
あります。

豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を
願うという意味合いがあります。

まく豆は主に炒り豆ですが、最近では落ちた豆も食べることができることから、落花生を
まく家庭も多いようです。

 ~~ 節分いわし ~~

節分の習慣自体は中国から伝わったものとされていますが「鰯(いわし)の頭を柊
(ひいらぎ)の枝に刺したものを玄関に飾る」という節分いわしの風習は近年に
なってからのもののようです。

主に西日本では鰯を食べる習慣がありますが、これは節分いわしに由来しています。

節分いわしは、鰯を焼くとでる激しい煙と臭いで邪気を追い払い、そして柊の針で鬼の
眼を刺すという魔よけの意味があります。

 ~~ 恵方巻き ~~

その年の「恵方」を向いて願い事を思い浮かべながら、包丁を入れずにそのまま食べるのは
「縁を切らない」という意味が込められています。

また、七福神にちなんで、かんぴょうやきゅうり、伊達巻など7種類の具材が入れられていて
「福を巻き込む」という意味も込められています。

このように『節分』の行事にはしっかりとした意味合いが込められています!

今年も、「豆まき」に「節分いわし」、「恵方巻き」としっかり邪気を払って、今年も1年健康に
過ごせるようにしたいです!!
[PR]



by oshimafood | 2017-01-27 16:05 | 商品・サービス

食事のチカラ
by oshimafood
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

オフィシャルサイト

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧