食事のチカラ

アレルギー症状を和らげるには・・・?

こんにちは!管理栄養士の山下です♪

近頃、アレルギー体質の方が増加傾向にあるように思います!

母親の時代なんか、アレルギーの“ア”の字も聞いたことがないくらいアレルギーとは無縁だったそうです。

私自信も学生の頃、そう頻繁に回りで聞いたことはありませんでしたが、小学生の時、同級生が「サバアレルギー」でひどいじんましんがでて辛い思いをしていたのを横で見ていてかわいそうでした。

私の娘も、離乳食のころから受け付けてくれなかった“バナナ”を保育所でおやつや給食で食べて2回連続で嘔吐をしたのをきっかけに血液検査をしたところ、「バナナアレルギー」が発覚しました!

『アレルギー』と一言でいっても、人によって症状もアレルゲンも様々ですが、それぞれのアレルゲンを避けるという生活上の工夫の他、食事の観点からもアレルギー症状の緩和や免疫力を強化する食品を摂取することで、アレルギー症状の緩和効果が見込めます!

では、アレルギーによいとされる食品をご紹介しようと思います☆

 ○乳酸菌(ビフィズス菌やラクトバチルス菌など)

   ヨーグルトや漬物などの発酵食品に多く含まれます。
   これに加えて、一部の乳酸菌にはアレルギーを抑える作用があります。

    ・乳酸菌KW3110株
    ・ラクトバチルスアシドフィルスL‐92株
    ・ラクトバチルスアシドフィルスL‐55株

 
 ○

   魚に多く含まれるDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸は、アトピー・じんましん・
   ぜんそくなどのアレルギーを抑えてくれます。
   特に、ハマチ・ブリ・マグロ・イワシ・サンマなどに多く含まれています。


 ○お茶

   茶葉には色んな成分が含まれています。
   特に共通して含まれているのが、カテキンとビタミンです。

    ・タンニン(カテキン類)
    ・ビタミンC
    ・テアニン(アミノ酸)
    ・カフェイン
    ・ポリフェノール        など

   カテキンは血圧や血糖値を下げたり、アレルギーを抑える作用があると
   いわれています。
   ビタミンC不足は、肌荒れの原因となり、アトピーの湿疹がひどくなります。


 ○コーヒー

   コーヒーに含まれるポリフェノールは、じんましんや花粉症の鼻水、くしゃみなどの
   アレルギー症状を起こすヒスタミンの分泌を抑えるといわれています。


その他、りんご・ブロッコリー・トマト・にんにく・玉ねぎ・にら・しそ・しょうが・ゴボウ・山芋・れんこん・わかめ・チョコレートなどもアレルギー症状の緩和に効果的な食材です!

アレルギー症状のある方は、これらの食品を上手に活用してアレルギーと付き合っていきたいですね!
[PR]



by oshimafood | 2014-06-27 15:53 | 商品・サービス

食事のチカラ
by oshimafood
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オフィシャルサイト

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧