食事のチカラ

刻むと糸を引くネバネバの正体は???

c0195011_13212277.jpg


    ~今日の昼食~

     牛肉風煮込み
     豆腐田楽
     イカと野菜の中華和え
     オクラのおかか和え
     焼きしいたけ

今回は夏野菜の代表とも言える『オクラ』をシンプルにおかか和えとしてお出ししました!

その『オクラ』の栄養・効能についてアップしようと思います!

オクラは6~8月が旬で、刻むと糸を引くネバネバがでてきます!

このネバネバの正体は、“ペクチン”という水溶性の食物繊維と、“ムチン”という糖タンパク質です!

果物に多く含まれる“ペクチン”は、高い整腸作用で便秘と下痢の両方に良く、“ムチン”には他のタンパク質の消化吸収を助ける働きがあります!

“ペクチン”と“ムチン”は共に水溶性ですので、やわらかければ生のまま刻んで食べるのがオススメです!

包丁の背でたたくとネバネバがよくでます!

オクラに含まれるペクチンには、整腸作用以外にも、コレステロールを下げる働きがあり、生活習慣病が気になる方にオススメの食材です!


         管理栄養士  山下
[PR]



by oshimafood | 2014-06-16 13:50 | 商品・サービス

食事のチカラ
by oshimafood
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

オフィシャルサイト

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧