食事のチカラ

~『ファイトケミカル』について~

こんにちは!管理栄養士の山下です♪

寒くもなく暑くもなく、とても過ごしやすい気候になってきたと思いきや、もうすぐ6月と梅雨のシーズンが待ち構えてますね!

梅雨の時期になると心配なのが、「食中毒」です!

衛生管理・食中毒予防を十分徹底して、配食に臨んでまいります!

ところで、『ファイトケミカル』という言葉をご存じでしょうか!?

耳にされた方も見えるかと思いますが、今回、その『ファイトケミカル』についてお話しようと思います!

『ファイトケミカル』は、5大栄養素(糖質・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル)に、6大栄養素として「食物繊維」が加わり、その食物繊維に次ぐ第7の栄養素として有名です!

『ファイトケミカル』とは、野菜・果物・豆類・イモ類・海藻・お茶・ハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です!

体を老化させ、生活習慣病などを引き起こすと言われる“活性酸素”を除去する「抗酸化力」を高め、白血球を活性化して「免疫力」をアップする手助けをしてくれます!

『ファイトケミカル』はおよそ1万種類もあり、その中でも身近な食物に含まれる『ファイトケミカル』をご紹介しようと思います!

 ☆アントシアニン・・・赤ワインやブルーベリー、黒豆などに含まれる黒や紫、
               青色の食物の色素。

 ☆サポニン・・・食品のアクに含まれる成分。脂質の酸化を防ぐ。大豆サポニンが有名。
          コレステロールを低下させる作用、血管に生じた血栓を溶かす作用、
          自然治癒力を向上させる作用などを持っているため、生活習慣病の予防や
          血流の改善に効果的。

 ☆フラボノール・・・タマネギに多く含まれる「ケルセチン」は吸収がよく、
             動脈硬化を防ぐ働きがある。

 ☆ルテイン・・・ほうれん草やケールなどに含まれる。目の健康に良い。

 ☆リモネン・・・柑橘系の果物に含まれる香り成分。ガン予防のほか、
          新陳代謝の改善にも。

 ☆タンニン・・・緑茶や紅茶などに含まれる渋み成分。緑茶に含まれるものを
          「カテキン」と呼ぶ。 「カテキン」は、脂肪の吸収を抑制する作用、
          抗菌作用、抗アレルギー作用など多くの働きを持つ栄養素であり、
          生活習慣病を予防する効果や血糖値の上昇を抑制する効果が
          期待されている。

 ☆イソフラボン・・・大豆に含まれる成分。女性ホルモン・エストロゲンと似た
            働きをすることで知られている。

 ☆フラバノン・・・みかんの房と筋に多く含まれる「ヘスペリジン」には、ビタミンCの
           働きを助ける作用がある。

 ☆リコピン・・・トマトやすいかの赤色成分。完熟度が高い方が効果大。
          血管内の血栓を除去し、血流を改善させる効果がある。

 ☆β―グルカン・・・きのこ類に含まれる多糖類。免疫力を高める作用がある。

 ☆リグナン・・・ゴマに含まれる「ゴマリグナン」や、亜麻仁と呼ばれる亜麻種子に
          含まれる「亜麻リグナン」などが広く知られている。

 ☆アスタキサンチン・・・鮭・いくら・えびなどに多く含まれている赤色の天然色素。
               網膜や脳などの栄養が行き届きにくい細部まで働きかけ、
               抗酸化力を発揮することができる成分。

ヒトは『ファイトケミカル』を作り出すことはできません。

ですので、それらを含んだ野菜や果物を食べることで『ファイトケミカル』を摂り入れ、抗酸化力や免疫力をアップさせる事が、生活習慣病の予防やアンチエイジング(老化対策)につながります!

それぞれの食材は違った効能を持っているので、すこしずつ色々な食材を摂取し、健康でいきいきとした毎日を送りましょ~♪♪♪
[PR]



by oshimafood | 2014-05-16 16:35 | 商品・サービス

食事のチカラ
by oshimafood
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

オフィシャルサイト

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧